HOME > 一般歯科

一般歯科

一般歯科のイメージ

歯をできるだけ削らない虫歯治療

歯をできるだけ削らない虫歯治療のイメージ

虫歯というと、虫歯になった箇所を「キーン」という嫌な音とともに削って治療するというイメージを持たれる方が多いです。

しかし歯は一生もの。
一度削った部分は元に戻ることはありません。


虫歯菌によって悪くなってしまった箇所を削り取ることは必要不可欠ですが、その削る部分をいかにして最小限に留めるかということが重要です。

虫歯の削る範囲を誤ると、治療した箇所が再び虫歯になり、削る範囲がどんどん広がってしまうという場合もあります。そうならないために、当院では

できるだけ歯を削らず、歯を残す治療を進めています。
小さいお子様が楽しんで治療を受けられる歯医者を目指します。

虫歯の進行度や位置によって治療方法を変えていきます。

痛くない虫歯は治療しなくて良いの?
死んでしまった虫歯は特に治療が必要です。

歯の痛みを通りこして、神経が進んでしまった虫歯は早急に治療が必要です。
治療方法は、歯の根っこのだめになってしまった部分を取り除き、徹底的に綺麗にする必要があります。
放っておくと、細菌がどんどん増えてしまうので歯の怖い病気にも繋がってしまいます。
予防するということも大切です。
ホワイトニングなどのご相談も承っています。

→痛みを感じない虫歯があるので、定期的な検診も大切です。

歯の痛みはすべて虫歯のせいなの?
虫歯以外でも歯が痛くなる理由が隠れている場合があります。

例えば、こんな場合にも歯が痛くなることがあります。

  • 冷たいものや熱いものがしみる“知覚過敏”
  • 歯周病や老化に伴い歯茎が下がってしまうことによる痛み
  • すっぱい食べ物や飲み物(酸性のもの)によって歯のエナメル質が溶ける「酸蝕歯」
  • 歯の破損
  • 噛み合わせ
  • 歯とは関係のない体の病気からくる痛み

痛みがあるということは、体がSOSを出しているサインです。
少しでも変だな、おかしいなと感じたら、まずはご相談下さいね。

フッ素塗布

歯の再石灰化の促進 虫歯の原因となる酸の生成を抑制 酸に対して強い歯に歯質強化
「フッ素って効果あるの?」と、お考えのママ・パパへ
  • フッ素を塗るにはいろいろな方法があり、上手に使って頂けば効果があります。
  • 萌えたての歯に効果があります。
  • フッ素を塗ると、エナメル質がフッ素を取り込んで硬くなるのです。
  • ピカピカに歯を磨いた後に塗布すると、最大限に効果を発揮します。

親知らずの抜歯

親知らずの歯をそのまま残しておくことによって、 本来一生残したい隣の奥歯が虫歯になることを防ぎましょう。

噛み合わせ

・肘をついていませんか? ・片方ばかりで噛んでいませんか? ・顎がガクガクしませんか?

上下の歯がしっかりと接触していない場合、一部の歯だけに大きな負担がかかります。
そうすると、歯が減っていったり、治療箇所にダメージを与えたりすることもあります。

イメージとしては建て付けの悪いドアが開閉を繰り返すうちにドアそのものが悪くなってしまうようなものです。

噛み合わせもしっかりと見て虫歯治療、被せ物治療、矯正治療など様々な治療にあたります。

口臭予防

息が臭い…。会話がおっくう…。 →それは舌の汚れと歯周病が大きく影響しているかも
お問い合わせはお気軽に。 052-351-6480 予約優先制