スタッフブログ

2013年11月 4日 月曜日

外国と日本の治療レベルの差

中川区で矯正専門の歯科医師がいる歯医者と言えば、板津歯科医院flair

ボストン大学の研修で数多くの症例を見て、治療のレベルはアメリカも日本も変わらないなと感じました。むしろ、日本の方が上手いかもwinkshine

欧米人のように土台となる顎が大きければ歯は自由自在に動かせます。しかし、もともと顎の小さい日本人は、幼少期から歯が排列できるだけの顎の大きさを確保するために毎晩装置を使って拡げる治療をしなければいけませんし、大人になってから治療を始める場合でも、歯を抜かないとスペースが確保できない人が多いので、治療の難易度は欧米人に比べて格段に高いと思いましたsweat01

でも、アメリカのワイルドさには勝てないかも。アメリカでは歯周病科の先生と協力して、コルチコトミーの際に骨移植し、顎を拡げることで、非抜歯(歯を抜かない)で治せる症例が増えているそうですsign03

歯を抜くのと、歯肉をめくって骨移植して縫い合わせるのと、皆さんどっちがいいですか?はい、どっちも怖いですよね・・・weepng

コルチコトミーやピエゾシジョン、アンカースクリューに関しては、アメリカや日本よりも韓国の方が進んでいると思います。韓国では患者さんの美意識が高く、手術をしてでも早く治したいという要望が多いようで、近年の矯正治療に関しては1歩先を走っている気がします(あくまで個人的意見ですが・・)


投稿者 板津歯科医院 | 記事URL

2013年11月 1日 金曜日

歯医者で型取りがなくなる?!

ボストン大学での研修⑦
Dr,R.Matthew Minerによる3Dスキャンを応用した矯正歯科治療についてのレクチャーでした。ボストン市で開業する矯正専門の先生で、常に新しい技術を導入するパワフルな先生です。

今回発表されていた3Dスキャン(口腔内のビデオカメラ)は、何がいいかというと、歯型の印象(冷たい粘土みたいな物をグニュってやる)が不要になり、約7分間で撮影したお口の中の画像をすぐにパソコンで見ることができるのですflair

型取りが好きな人はあまりいないと思います。どちらかと言うと気持ち悪いですよね・・?嘔吐反射のある人や小さいお子さんには、かなり苦しい作業ですsad

途中で動いたり、吐いたり患者サイドに問題がある場合だけでなく、術者サイドにも課題はあり、ドクターやアシスタントが下手だと、うまく型ができないので、取り直しになってしまいます。

患者さんにとっても、術者にとっても、ストレスを軽減させる革命的な機械なんですclover

アメリカでは、機械の改良もかなり進み、しっかりとしたバックアップシステムや技工物への対応など、活用の範囲が広がっていましたshine日本では薬事の認可がまだおりていないので、購入すらできませんが、近い将来きっと導入されることでしょう。かなり高額な機械で、メンテナンスも含めると従来の型取りに比べて経費もかかりますが、皆さんの歯医者嫌いを少しでも軽減できるのなら・・・進化し続ける板津歯科でも導入検討していきたいと思います!!


投稿者 板津歯科医院 | 記事URL

2013年10月28日 月曜日

発音障害と矯正治療

ボストン大学での研修⑥
Dr,David Brissによる矯正歯科治療と発音に関してのレクチャーでした。

〝発音″するという大事な行為は、声帯はもちろん、舌、咽頭、口蓋、舌骨、上下の歯、上下の唇と様々な部位が何通りにもパターンを変えて起こります。矯正歯科医はこの部位の多くを変化させ、発音機能を向上させることができますok

また発音は、脳の発達や、聴覚に大きく影響を与えることから、子供の頃からの矯正治療が非常に大事であるとDr,David Brissは言っていました。

レクチャーでは英語の発音での研究報告だったため、日本人にはそもそも発音できない内容でした・・・。coldsweats01
小さい頃から自然と身に付く筋肉の微妙な動きでネイティブな発音はできるからです。

発音に関する筋肉トレーニング(筋機能療法)は、小児歯科・矯正歯科の分野でも大事な治療項目の1つです。歯や顎を治療するのではなく、舌を上げたり、下げたり、突き出したり、お口の周りの筋肉を動かす体操ですhappy02

板津歯科でも、日本語だけですが、発音に関するトレーニングも行っています。『うちの子、滑舌が悪くて・・・sweat01』とお悩みの方、ぜひ1度相談に来てみて下さい。


投稿者 板津歯科医院 | 記事URL

2013年10月25日 金曜日

スピード矯正の組織学的研究

ボストン大学での研修⑤
Dr,Alpdogan Kantarciよるコルチコトミー、ピエゾシジョンといったスピード矯正といわれる治療法の基礎的研究データのレクチャーでした。

〝歯茎や骨に傷をつけると歯が早く動く″というデータを、実際にラット(少し大きいネズミ)を用いて生物学的に検証した研究です。ラットには立派な前歯(切歯)と、奥歯が3本あります。この前歯と奥歯を人間と同じ矯正装置で引っぱり、コルチコトミー(骨を傷をつける処置)を行った群と行っていない群の歯の動き方を比較した内容ですdog

細胞レベルで破骨細胞、骨芽細胞の活性がわかるので、同じ哺乳類の生体反応が理解できる有意義なデータでした。細かい話は非常に難しい内容になりますので、結果だけご紹介します。

細胞レベルでも、破骨細胞(骨を溶かす細胞)と骨芽細胞(骨を作る細胞)活性化が認められ、歯の移動が早くなることが証明されましたshine

経験や勘でエビデンスのない治療をするのではなく、きちんとした研究データをもとに医療は行われるべきだと私達は考えます。もし、スピード矯正に興味がある方がいれば、板津歯科に来ていただければ、いつでももっと詳しくお話しますhospital

基礎的データから応用していくのが我々臨床矯正歯科医であり、新しい論文など情報収集は欠かしてはいけないとしみじみ感じた大変興味深いレクチャーでした。


投稿者 板津歯科医院 | 記事URL

2013年10月21日 月曜日

人類の進化による歯への影響

ボストン大学での研修④
Dr, Sheldon Peckによる先天性欠損歯、矮小歯、移転歯、埋伏歯といった歯の遺伝的異常を指標にしたDAP(Dental Anomaly Patterns)に関するレクチャーでしたchick

突然起こる場合もありますが、多くは遺伝的に両親のどちらかに歯の異常がある場合、お子さんにも似た様な異常が見られることが多いです。兄弟でも似た様な歯並びや歯の形をしていることがよくあります。

歯の先天性欠損(生まれもって歯がないこと)や矮小歯(異常に小さい歯)は板津歯科の臨床経験でも数多くありますが、最近の子供により多くなっている気がします。それもそのはず!親知らず以外の歯が1歯以上生まれつきない人は全人口の25%もいるんですhouseup全く珍しいことではありません。

Dr, Sheldon Peckは、古代インディアンと現代人の頭蓋骨や歯を長年研究し、これらの様々な歯の異常は、食生活の違いや生活習慣の変化によって生じており〝進化の途中にある人間″である証拠だと言っていましたfoot

1つアメリカと日本の歯の位置異常で違う点があったのがとても興味深かったです。日本人では上顎の犬歯は、八重歯?ドラキュラ?のように外に飛び出ていることが多いですが、アメリカ人では、口蓋側(内側)に埋まっていることが多いそうです。

これも遺伝的なことなので、将来、国際結婚が日本でも多くなり、欧米の血が濃くなってこれば、日本人の歯並びも変わっていくかもしれませんclover


投稿者 板津歯科医院 | 記事URL

お問い合わせはお気軽に。 052-351-6480 予約優先制