スタッフブログ

2013年12月18日 水曜日

歯周病セルフチェック

歯周病の専門的知識を持ち、予防から治療へと幅広く対応できる、名古屋の板津歯科医院ですclover

歯周病に関する10項目の質問をしますpencil
当てはまる項目の合計点で、あなたの歯周病リスクが分かりますhappy01

Q1、冷たい水を飲むと、歯や歯ぐきがしみて痛い・・・・・・3点
Q2、朝起きた時、口の中にネバつきがある・・・・・・・・・3点
Q3、歯を磨くと歯ブラシに血がつく・・・・・・・・・・・・4点
Q4、歯ぐきが腫れている・・・・・・・・・・・・・・・・・4点
Q5、口臭が気になる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4点
Q6、歯と歯の間に食片がよくはさまる・・・・・・・・・・・4点
Q7、歯が以前より長くなったように見える・・・・・・・・・4点
Q8、歯ぐきの周りに歯垢(プラーク)や歯石がついている・・4点
Q9、歯がグラグラする、噛みにくい・・・・・・・・・・・・5点
Q10、歯ぐきを押すと膿がでる・・・・・・・・・・・・・・5点

合計何点でしたか?

0〜5点:まずは安心です。毎日きちんと歯を磨き、定期的に歯科医院でクリーニングも受けましょう。
6〜20点:歯周病の可能性があります。精密検査を受け、必要に応じて治療することをオススメします。
21〜40点:非常に危険な状態です。すぐに来院してください。

歯周病は、虫歯と同じく歯を失うリスクの高い病気ですweepdown
『痛くないからいいや〜』っと放置せず、早めに歯科医院に受診し、的確な治療を受け、歯を長持ちさせましょうapple

投稿者 板津歯科医院 | 記事URL

2013年12月10日 火曜日

学会発表(口演)

港区、中村区からも多数来院されてます。名古屋市中川区の板津歯科です。

先日、当院の矯正ドクターが学会で『矯正用インプラントアンカーを固定源に用いた広汎型侵襲性歯周炎を伴う叢生症例』という演題で口演発表を行いました。

広汎型侵襲性歯周炎とは、30歳以下の若い人に突発的かつ急速に起こる重度の歯周炎のことです。

矯正治療をして、歯並びを整えることで、将来歯周病になるリスクを抑えることは、よく知られています。

しかし、今回の発表は少し切り口が違って、若い頃に重度の歯周炎になってしまい、歯を支える骨が弱い患者さんに対する有効な治療法についてです。

難易度の高い患者さんなので、治療技術はもちろん必要ですが、歯周病科の専門歯科医との協力も大変重要でした。

近年、大人になってから矯正治療を始める方が増えてきているので、こうした歯周病に罹患した患者さんへの新たな治療法の経験は今後もっと大切になっていくと思います。


投稿者 板津歯科医院 | 記事URL

2013年12月 3日 火曜日

学校歯科医として20年

開業して30年、地域の方々のお口の健康を第一に考えてきた、安心の板津歯科です。

名古屋市から依頼を受け、学校歯科医として小学校・中学校の歯科検診や保健指導に携わらせていただいてから、20年間が経ちました。

この度、当院院長が名古屋市教育委員会より歯科保健への貢献に対する表彰状をいただきましたshine

20年前の小中学生は、ほとんどの子に虫歯があり、お口の中はヒドイ状態でしたdespairsweat01

それから毎年、生徒達やPTAの方々に分かりやすく口腔ケアの指導を継続し、歯の大切さを理解していただけるように努力してきました。

今では、虫歯のある子を探す方が大変な程、子供達のお口の環境は良くなりましたlovely

今後も、地域の小中学生の虫歯予防、歯肉炎予防のため努めてまいります!!

投稿者 板津歯科医院 | 記事URL

お問い合わせはお気軽に。 052-351-6480 予約優先制