スタッフブログ

2013年10月18日 金曜日

健康な顎関節とは・・・

ボストン大学での研修②−2
Dr.Paul Rigaliによる顎関節についての講義の続きですnotes

顎関節症は成人女性に多いと言われていますが、痛みや音といった症状は軽度な場合が多く、日常的な生活で大きな問題になる人は少ないです。しかし、顎関節の骨が大きく削れたりする重症度の高い患者さんは、実は若年者に多く、一度削れた骨の再生は難しくなる場合が多いです。

10代の若者で顎関節に痛みが無い人でもMRIで検査を行うと34%の人に関節円板の転位(位置異常)が認められ、痛みがある人では80%以上の人に関節円板転位が認められます。

関節円板転位が生じると、口を開く時にカクカク音がします。そのまま放置すると次第にジャリジャリ音がします。これは、関節円板がクッションの役割を果たせなくなり、骨同士が擦れ合っている音で、骨削れて変形してしまっている状態です。

関節円板転位のある人の50%は骨の変形が起こっていて、特に思春期で骨変形が生じている場合、その半数に成長障害があると言われていますweep

男女比は、明らかで女性が男性の3倍多いです。これは女性ホルモンが影響していると言われており、低容量ピルを服用している若い女性にも多く認められますsweat01

1度転位してしまった関節円板の修復はかなり難しく、無理と言ってもいいと思います。健康な顎関節とはどのような状態なのでしょうか?痛みがないこと?

Dr.Paul Rigaliは、健康な顎関節という言葉ではなくshine安定した顎関節shineという言葉を使っていました。噛み合わせを安定させることで、顎関節への負担を軽減させ、長期的に維持させることが大事だと話していました。




投稿者 板津歯科医院

お問い合わせはお気軽に。 052-351-6480 予約優先制